山中ヒデ之の雑記帳

スケジュールや雑感、メモなどなど

Doopers最後の晩餐

おはようございます。先日深夜ライブだったので、体内時計が完全にいかれてしまいました。来て頂いた皆さん、どうもありがとうございました。

いつもは早寝早起きなんだけどな~

 

******

 

さて。本日はThe Doopers活動休止前の最後のリハーサルでした。Doopersは今僕が一番長く続けているバンドです。加入した時はまだ学生だったから、6年はやってるんじゃないかな?

 

アメリカのポピュラーミュージックがswing jazzからRockabillyに移っていく間の過渡期の音楽(と表現すると障る方もおられるでしょうが、便宜的にね)JUMP BLUES (JIVE)というちょっと珍しい音楽を主に演奏するバンドなのですが、僕は当時JUMP/JIVEにはコレっぽっちも興味がなかった。というか、知らなかった。みなさんもジャズやロカビリーは知っているけど、ジャンプって聞いたことある方は少ないのではないでしょうか。

 

http://www.youtube.com/watch?v=PR6pHtiNT_k&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=_A2pRVyBmOY

http://www.youtube.com/watch?v=eokdlAZAmn8

(とにもかくにもLouis Jordan御大)

 

誘われた当初、僕は寿アーバンメイツというスカバンドを熱心にやっていたので、Doopersに誘われても特に主体的にやりたいとは正直思わなかったのですが、リーダーがなんだか面白い人間だったので、やることにしたのでした。

続いてますね~ リーダーの「無理なく、しかし一生続ける」というスタンスが如実に表れている感じがします。

 

それと僕がほかのさまざまな音楽に興味を向かせるきっかけだったんだろうなぁ、やっぱり。他ジャンルに浮気なんて!餅は餅屋でしょ、みたいに思っていたときもあったもんなぁ。今にして思えば、本当にこれで良かったと思えるわけですが。

 

*****

 

Doopersは在籍が長い人が多いので、僕が学生生活を終了し、いわゆる社会に放り出されたころから今までの人生を共有する部分がとても多いです。今日はリハ後に最後お酒も飲んだので、少し振り返ったりしました。

始めた当初はまだ仕事どうするんだ、とか、そんなこと言っていましたが、いつの間にかメンバーが結婚したり、子供が出来たりしています。

もちろん楽しいことだけじゃない、大変なこともありましたが、乗り越えてきたと。

 

うーむこのバンドには時を重ねているが故の何かはありますね。

 

*****

 

後に特に来てもらいたいライブを再度告知する予定ですが、とりあえずお伝えすると、Doopers1年半の活動休止前、ラストライブは8月25日鎌倉Day Dreamer's Deck「竜宮の使い」夕方18時頃出番です。

宜しくどうぞ~